2014/08/31

スクフェスに最適?GALAXY Tab Sでスクフェスをプレイしてみた【動画あり】

こんにちは。

アイカツしていますか??(直球

私は好きで結構やっているんですけどやっぱり大画面でやりたい時ってあると思います

そんな時タブレットはものすごく働いてくれます。

しかしAndroid機の多くではスクフェスをプレイすると何故かタッチや音にラグが出てしまう場合が多々あります(iPhoneやiPadでは気にならない)

過去にHTL22でやってみたところラグが酷くやっていられないようなラグが見受けられました。

そんなわけで今回はGALAXYアンバサダーキャンペーンでお借りしているGALAXY Tab Sでスクフェスをやってみたという記事です。




とこんなかんじでそこまでラグが気になりません!

補正も何もしてないのでしたらもっとましになるかも!!

印象としてはいつもiPhoneでやっていた私がいきなりこの10インチの画面でやるとものすごく大きいと感じることぐらいなので

「スマホには入れたくない容量いっぱいだしでもスクフェスやりたいし・・・」なんて方に全力でオススメできます!!

2014/08/26

タブレットがリモコンに!?GALAXY Tab Sプリインストールアプリ「 SmartRemote」使ってみた!


こんにちは、皆さんテレビ見てますか?

私はあんまり見ないのですが、いざ見ようと思った時「あれ?リモコンどこいったっけ?」という経験あると思います(強引


そんな時GALAXYアンバサダーでお借りしているGALAXY Tab SのSmartRemortが便利なのでご紹介します。
この便利なプリインストールアプリのSmartRemortを使ってテレビを操作してみてはどうでしょうか!?



起動した様子です。
早速セットアップしていきましょう!

国または地域を選択。

ここは日本ですから迷わず一番上のJapanを選択(ピンぼけとか言わないで!!





テレビのプロバイダを選択

ここは詳しくないのでおそらくこれであろうものを選択(後ほど間違ってても変えられます

テレビのブランドを選択します(ブランドというかメーカーですかね

プロジェクターを使ってみている方は別途あるみたいです。

これを選択すると
どうやら大きく電源ボタンが。

この時テレビはスタンバイモード?(待ち受け?)にしておいてください

映りました!

2回位やってつかない場合はコード変えてみてください


チューナーを選択してくださいと出てきました

セットボックス/DVR かテレビを選びます

今回はテレビを使っていきます。

これで完了です!

カスタマイズも出来るみたいですね!


その時やっている番組が表示されます。

ジャンルはこのくらいアニメとニュースとドラマがあればいいでしょうか(((


誇りが気になりますがそこは割愛()

このツマミを引っ張る(?)とリモコンが出てきます!

これでリモコンなくしても家族とリモコン争奪戦しなくて済むでしょう(チャンネル争いは置きますが笑



まとめ!!

なんか赤外線の出力が弱いのかちょっとした障害物ですぐ受信できなくなってしまうみたい
(相性かも知れませんが

最後に説明したつまみ出すとき


マルチウインドウのアレが出てきてしまう><

これは事件です()

これはなれというか仕方ないかもしれませんね


まぁ、自分の見たい番組が手元で確認できるのは便利だなと思いました。

(途中髪写ってますがボサボサとか言わないで!寝起きで撮ったんだから(( )

ともあれ家で使ってみて家族の反応でも見てみようかと思いました。

2014/08/23

薄くて軽いGALAXY Tab Sがキタ!外観レビュー編


SAMSUNGさんのGALAXYアンバサダーモニター企画にてGALAXY Tab Sをお借りすることができたのでレビューしていきたいと思います!SAMSUNGさんのさんありがとうございます!!

今回は外観レビュー編です。

2014/08/04

Beatsのイヤホンを修理してみた


こんにちは、イヤホンのケーブルって細いので断線しやすいですよね


私自身かなり慌て者でついつい乱暴に扱ってしまい、プラグ側の根本が断線してしまったので今回(前やってしまったことあるけど)簡単に修理の方法とか書いていきたいと思います


~必要なもの~




・はんだごて
・オーディオ用はんだ(今回は普通のはんだを使用)
・熱圧縮チューブ
 (100円ショップなどで購入可能)
・交換用のプラグ(下記に購入リンクあり)
・ライター(熱圧縮チューブ用。ドライヤーで圧縮と書いてあるが家庭用では非力なため今回はライターを用いる)
・LRわかるソフト(今回はWaveGeneを使用)
・はんだ吸い取り線(なくてもおk)
・めげない心()



これくらいです(たぶん?


あ、あとこれから書くことをやられて治らなくても当方責任取れませんので全て自己責任でお願いします


~手順~

1.まず治したいところのケーブルをひっぺがします。(写真ありません
  


2.ダイナミックにチョッキン!!



3.ライターで切った線を炙ってあげてください。 なぜ炙るのかというとケーブル内部で干渉が起こらないように加工してあるからです。 炙ったらティッシュか何かでささっと加工された奴のかすをとってあげてださい (注 あぶりすぎるとこげてカスになるだけなので注意



4.テスト信号発生ソフトでLR、通電を確認してください フリーソフトで構いません
  
  私はWaveGeneというフリーソフトを使用しました。
 
http://efu.jp.net/soft/wg/wg.html
作成者様リンク

ちゃんと音がでない場合は加工が取れていなかったり接触が悪かったりするのでちゃんと確認してから次の工程に移ります。


この時どの線が反応してなったか注意深く聞いておきましょう。


共通のやつ しましま プラグ一番長いの
みぎのやつ 真ん中のプラグ せんはあか
一番短いの みどり  ひだりのあれ


私の場合↑のようなメモを残しました(自分でわかればどんなことでもいいです


5.熱圧縮ケーブルとかキャップを予めはめておく

 この作業を忘れてしまうとハンダを付け直すことになるので注意です



6.決定した場所にハンダ付けをする



以前に一回やっているのではんだを取るためにはんだ吸い取り線を自作(買わなくても銅線をたばねたやつでもいいみたい)


このようにしてハンダ付けしたら

ちゃんと音が出るか確認しましょう←ここ重要(あとあと熱圧縮ケーブルつけてからだと取り返しの付かないことになります)
 
(8/24追記  ホットボンド?なんか銃みたいなやつではんだ部分を固定してください。そうしないと正しく固定されず音かちゃんとでなくなったりします。


7.さきほどつけた熱圧縮ケーブルをつけてあげる




火であぶりあぶり~してあげます!!(ドライヤーが推奨されていますが家庭用ではどうもあまり圧縮されないようです)







このときやけどとかしないように!!(はんだでしてるかもとかしらないです))









8.最後にキャップを閉めて完成!
あら簡単!あっというまに作業が終わりました(実作業時間1hほど手慣れた人なら30mくらいで終わりそう


ゆるく適当に説明しましたがどうでしたでしょうか!

熱圧縮ケーブルすくなすぎても多すぎても痛い目見ます!(経験済み

今回は多くてキャップが「おおきいよ・・・はいらないよぉ//」なんてことは行っていませんでしたが割と入れるのに苦労しました。

はんだやったことがない初心者でもできるので(私はこれが初めてでした)高いイヤホン壊しちゃったwwwなんてときには思い出してぜひやてみてはいかがでしょうか?

わからないことがあったらメールでもLINEでも@投げてくれてもいいので質問してください適当に変えしまs(ry


それではまた今度の更新で!!


追記 低音が前みたいに響いてきてドゥクンドクンしてキンモヂイイイイwwwwwwwしてます


(2017/01/21追記 Amazonのリンクにオヤイデ電気の物があったがアマゾンプライム未対応商品になっていたため差し替え)

2014/08/01

国内初の「軍事規格」対応のTORUQUE G01の店頭簡易フォトレビュー

前年同期比375%の成長を見せた(ソースhttp://www.counterpointresearch.com/q12014marketmonitorltee)京セラから国際モデルの位置づけとなるTORUQUE(トルク)がauから発売され、ホットモックが展示されたいたのでフォトレビューしたいと思います。

国内でCASIOがスマートフォン業界から撤退しG'z oneユーザーは落胆していたかもしれないが、2014年夏モデルとしてメーカーこそ違うもののタフネススマホが帰ってきた

Socはsnapdragon 400 MSM8298
OSはandroid4.4 kitkat
ディスプレイは4.5インチ1920*1080のFHDディスプレイ
RAM/ROMは2GB/16GB(ストレージはMicroSDXC64GBまで対応)
バッテリーは3000mAh
カメラ外/内で8MP/2MP
通信規格は au 4G LTE Band18(800Mhz),Band1(2100Mhz)の対応していてWIMAX2+、キャリアアグリゲーション(CA)には非対応です
WI-Fi規格 IEEE 802.11 a/b/g/n/acに対応
bluetooth4.0
おサイフケータイ、NFC、GPSに対応しています
ですがワンセグには非対応です


下の部分のボタン類等から見ていきますと左から戻る、ホーム、タスク?とボタンが並んでいて、このボタンは個人的にはとても好きな感触で、プニュップチみたいな感触でした((
ボタン下の2つのスピーカーはメーカー公称値100dB以上の大音量をだせるらしいです(ごめんなさいテストは出来ていません)

また落としても大丈夫な仕様にするためかベゼルの部分がディスプレイ部分をり少し上に出ています
コンクリートなど平べったい場所で落としてもディスプレイは無傷でいられるかと思います。
このTORUQUE G01には京セラ独自技術のスマートソニックレシーバーという機能がついており、ディスプレイ部を振動させることに酔って音と振動で相手の声を伝える機能が搭載されていて、うるさい場所でも相手の声がしっかり聞こえるようです。


本体上部を見るとイヤホンジャック、スリープ/電源ボタン/ハンズフリーボタンが有ります。
左に見えるハンズフリーボタンは通話中に押すと咲ほど紹介した下の部分の2つのスピーカーから相手の声が聞こえるハンズるりー通話をすることができます。


上からボリュームボタン、ダイレクトボタンです
下のダイレクトボタンは受話ボタン、よく使うアプリの起動ボタンとして使えます。
裏面ですが黒い部分が端末を包み込み、衝撃からガードする耐衝撃構造をしています。
写真からは見えませんがQI(無接地充電)に対応していますので、充電端子を使ってキャップを壊したくない!などという方にはお勧めです


~まとめ~
もう出ないんじゃないかと思っていたタフネススマホが再び登場してタフネススマホ好きな方はさぞ喜んでいると思います。
グリップ感も良く持ちやすいスマートフォンであると思います。
店頭展示品なので詳しくは触れることはできませんでしたが、動作もスムーズで普段使ってる分には誤って落下した・・・なんていうことがあってもきっと大丈夫です。(きっとねw)ただキャッチG01とかやったら壊れると思いますがw
ただこの端末にFHDあると電池食うのではと少し考えさせられましたw
auの選べる自由というタフネスも選べるよみたいなのが反映されているのかなと思ってみたりw

ともあれ興味がわく一台ですのでぜひ購入してみては!!


auのTORUQUE紹介ページ
京セラ公式紹介ページ